オンライン英会話、挑戦しますか、しませんか?

英会話、習いたいですか?

英会話を学びたいと思った動機は何ですか?

私が仕事に英会話が必要だと思ったように、英会話を習いたいという動機は人それぞれにお有りだと思います。
私のように仕事で必要になったという人は、かなり多いのではないでしょうか。英会話が必要でなかった部署から、必要な部署に異動になったとか、転職した会社で英会話ができないと困るとか、今では中小企業でも海外と取引している企業は多いですから。
外国人観光客の影響も大きいでしょうね。京都あたりだと、土産物屋の店員さんが英語だけでなく、中国語や韓国語でも会話をしていてビックリします。
海外旅行に行くから、行きたいから英会話をマスターしたいというのが一番多い理由かもしれませんね。
インターネットで全世界がつながっている今、中には、SNSで知り合った外国の人とパソコンのカメラ越しに話をしたいという人もいるでしょうね。

目標・目的をしっかり持ちましょう

英会話を習い始めても長続きしないのは、これだけは話せるようになりたいという目標があいまいだったり、自分が話せるようになりたい内容と、英会話教室で習う内容が一致していないことにあると思います。
大学で英会話を教えている先生に、以前言われた事があります。「あなたは、英語で伝えたい、話したい事がハッキリしている。でも英語のクラスでは、日常会話や旅行で使うような英語しか教えない。一番いいのは、あなたが話したい事を英語で書いてある本を買ってきて、その内容について私と話をすることだ。」と。
言われてみればそのとおりで、自分が話したい内容と違うことをいくら練習しても、飽きて投げ出したくなるのはあたりまえです。昔から言いますよね「好きこそものの上手なれ」って。
自分が英語で話したい内容、習いたい目的、しっかり持ちましょうね。